HOME > 襖(ふすま)の張り替え・修理・新調

襖(ふすま)の張り替え・修理・新調

襖の張り替え時期

襖(ふすま)の張り替えは、通常ふすま紙が破れたり汚れたりした時に行います。

また、ふすま紙が破れたり汚れたりしていなくても、前回の張替えから長時間が経過していると襖紙自体が劣化していますので、
襖の張り替えの時期と言えるでしょう。

襖の張り替え時期は、ふすま紙の種類や設置されている環境によって大きく異なりますが、10年前後を目安にすると良いでしょう。

襖(ふすま)の張り替え時期までには、まだ少し期間があるという場合でも、タイミングが合えば襖の張り替えを行うと良いでしょう。

タイミングとは、成人式、婚約、結婚、お葬式、法事などの
冠婚葬祭や、お正月、お祭り等で来客予定がある場合に、襖の張り替えを行うのが良いでしょう。


ふすま紙を張り替えするだけでお部屋全体をリフォームしたように雰囲気が一新します。
汚れやシミがついている襖を、この機会に交換しませんか?
お客様のご要望にお応えする為、様々な商品を取り揃えております。
また、施工前に実際に使用する素材をお持ちいたしますので
お手に取ってお確かめください。

襖の種類と料金について

下記の料金はふすま張り替えの金額です。通常は表記通りの金額になりますが、ふすまの骨組の傷みが激しく、修理が必要な時などには、下記料金にプラス料金がかかる場合があります。その場合は
施工前に別途お見積り致します。
尚、お支払予定合計金額が一万円以下の場合は別途引取手数料を
頂戴致します。

以下はふすま紙カタログのほんの一部です。
これ以外のカタログも取り扱っております。



新鳥の子紙(ひざし・角兵衛・山水)
一般的なふすま紙です。

張り替え費用を安く抑えたい方にお薦めです。

市営住宅、県営住宅、アパートの退去時に!

特に賃貸住宅オーナー様にお勧めのふすま紙です。


張り替え価格
片面2000円(税抜)〜




新紗織紙(しんせん・いずみ)
ふすま紙の全体に糸が入った一般的なふすま紙です。

上記の新鳥の子紙に比べて強度があります。

また、全体的に糸が入ってますので、風合いがあります。

少し違った雰囲気を好まれるお客様にお勧めです。


張り替え価格
片面3000円(税抜)〜




上新鳥の子紙(明星・ゆたか)
高級感のあるふすま紙です。

手漉き風な雰囲気のあり、肌触りが優しく感じられます。

また、柄の種類も豊富ですので、お部屋のタイプに

合わせた柄を選ぶ事が出来ます。

部屋と同じくふすま紙にも高級感を持たせたい

お客様にお勧めです。


張り替え価格
片面3500円(税抜)〜




高級織物紙(朱雀・あかつき)
新紗織紙と同じくふすま紙全体に糸が入っております。

新紗織紙と違って、糸の縦・横の本数が多いのが特徴です。

それにより耐久性はもちろん、ふすま紙の風合いが皿に

高まっております。

柄も2枚続き、4枚続き柄等があり、

ふすま紙で統一感を持たせる事が可能です。

純和風をお好みのお客様にお勧めです。


張り替え価格
片面4500円(税抜)〜

襖の新調

大抵の場合は補修して張り替えが可能ですが、

ふすまの骨組が反ってしまっていたり、傷みが激しい時は、

ふすまの新調をお勧め致します。

この場合は、ふすまの骨組、木枠、引手も全て新しくなり、

その後は何度でも張り替えが可能です。

ふすま新調価格
1枚8500円(税抜)〜

また、新調の場合は襖の枠を木枠だけでなく汚れ、傷に強い

アルミ枠で製作する事も可能です。

詳しくはご相談下さい。

前のページに戻る
ページの先頭へ

会社案内

有限会社アサカ
〒547-0013
大阪府大阪市平野区長吉長原東1-2-12
FreeDial:0120-702-206
TEL :06-6707-5034
FAX :06-6709-1159